NPO 現代女性文化研究所  
Contemporary Women's Culture Institute  
お知らせ 団体概要・理念 トップ 出版物の紹介 問合せ

2017年活動紹介 ⇒2002年活動紹介
⇒2003年活動紹介
⇒2004年活動紹介
⇒2005年活動紹介
⇒2006年活動紹介
⇒2007年活動紹介
⇒2008年活動紹介
⇒2009年活動紹介
⇒2010年活動紹介
⇒2011年活動紹介
⇒2012年活動紹介
⇒2013年活動紹介
⇒2014年活動紹介
⇒2015年活動紹介
⇒2016年活動紹介
  
講座の内容をお知りになりたい方は会報をお送りいたします。
 事務局までホームページ、もしくはお電話でお申し込みください。
   電話(03)3941−1007
3月18日(土) 

「戦後年間を振り返る」

講師 川村湊さん(文芸評論家 法政大学教授)

 天皇退位が目前のテーマとなり、また「平和憲法」の終焉もいよいよ身近な問題として私たちの目の前に迫ってきている。
 さらに、3.11から6年、「3.11以降の文学」ということが言われる。そうした時代状況のなかで林京子、津島裕子らの文学の意味を掘り下げた講座でした。

4月8日(土) 

第8回 文学散歩「春爛漫 浅草・墨堤をめぐる」 (第二回目)

案内人 大和田 茂さん  (法政大学 非常勤講師)

文学散歩も8回目、今回も昨年11月に引き続き浅草界隈を訪ねました。
時折小雨まじり(夕方には上がりました)でしたが、浅草は桜がちょうど見ごろ。
とくに墨堤は満開で素晴らしいお花見もできました。

参加者 17名 約4時間

雷門(集合)⇒久保田万太郎生誕の地碑⇒石川啄木葬儀の寺「等光寺」・啄木歌碑⇒東本願寺(東京本山)⇒太宰治・坂口安吾が愛したお好み焼き屋「染太郎」⇒国際通り・六区ブロードウェイ⇒十二階(凌雲閣)跡碑⇒ひさご通り・牛鍋の「米久」(高村光太郎詩)・江戸下町伝統工芸館(休憩)⇒ホッピー通り⇒五重塔通り・カジノフォーリー・水族館跡(木馬亭)⇒浅草寺境内(本堂、五重塔、宝蔵門、淡島堂、新奥山の石碑群、迷子しらせ石標、浅草神社、諸碑、弁天山・演歌師唖蝉坊・知道碑、時の鐘、二天門)⇒永井荷風ゆかりレストラン「アリゾナ」跡⇒神谷バー⇒台東区立花川戸公園(姥が池あと、助六歌碑)⇒隅田公園・隅田川堤防(スカイツリー展望)⇒吾妻橋⇒浅草駅(解散)

  「浅草の夜のにぎはひに まぎれ入り まぎれ出で来しさびしき心」 石川啄木
  「ふるさとの月のつゆけさ仰ぎけり」 久保田万太郎(浅草生まれ)
  「花の雲鐘は上野か浅草か」 松尾芭蕉
  「観音で雨に逢ひけり花盛」 正岡子規



↑ページの頭へ

Copyright(C) Contemporary Women's Culture Institute.All Rights Reserved.